腎・胃、食べ物

今日は新年初レッスンでした。
c0180209_23322527.jpg

えびす様でしたね(*^_^*)
c0180209_23322536.jpg

さて、冬の課題、腎臓、膀胱と、胃の経絡のポーズをしっかりやっていきました。
今日の参加者のみなさんは、ある程度、できる方たちだったので、
レクチャーを少し、目的高く行きました。

ヨガの目的なんですが、ポーズや技が目的になると、逆に身体を痛めてしまいます。
漠然というと、健康を目指すのですが、
私が、ヨガの先生に習ったのは、健康の上に健康があるということでした。

健康の上の健康は、活力の向上です。
一生の時間は限られています。そのなかで、どれだけ、活動することができるか、
ということで、人生が変わるのです。
病気や、身体が不自由なかたは、その身体でもって、目的がありますし、
それ以外にも、やり方はあると思いますが、

ヨガはその点、とても、分かりやすく、体力、気力の向上を図ることができます。

さて、
☆腎臓ケアの注意点です。とりあえず、ざっと、まとめました。
お役立て下さい(*^_^*)

〇白砂糖を含む甘いものを控える
〇乳製品を控える
〇水分を控える
〇動物性たんぱくを控える

この4つは腎臓に負担がかかる大きな要因です。

☆適塩を心がける

減塩が主流ですが、にがりを含む自然塩(カリウム、マグネシウムなど)は
脱水を防ぐ効果があり、血圧が上がりません。

☆摂取したい海草
昆布、わかめ

☆摂取したい豆類
小豆、大豆、ゆば、豆腐、高野豆腐、納豆、味噌、しょうゆ、きなこ

☆摂取したい冬の根菜
ごぼう、人参、れんこん

☆摂取したい陽性でんぷん
吉野くず、じねんじょ

☆摂取したい黒の食材
黒豆、黒ゴマ、黒米、そば、ごぼう、きくらげ

小豆はマクロビオティックのなかのレシピ、「小豆かぼちゃ」が腎臓の食薬といわれています。
(ネットで検索するとレシピでてきます)
ごはんに小豆を3%いれるなどして、摂取するといいようです。

c0180209_23322529.jpg

きな豆腐団子をつくりました。
ふぃなんしぇと、生徒さんにいただいた、お菓子!

毎回、来てくださる方に、私が教えていただいたりすることが多いと
感じます。人に教わることが沢山あります。

皆さんありがとうございます☆
[PR]
Commented by ありさ at 2012-01-11 02:27 x
今日もありがとうございました。昨年末の疲れで、年始はどうもぼんやりしてましたが、体も頭も目覚めた感じ。
Commented by mihodontan at 2012-01-11 23:29
ありささん!

いえ!こちらこそいつも本当にありがとうございます☆
私はヨガのレッスンで来てくださる皆さんの、お心遣いや、
お気持ちを沢山いただいています。
感謝するのは私の方です☆
ありがとうございます(*^_^*)
by mihodontan | 2012-01-10 23:32 | ヨガ | Comments(2)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧