胃・腎・膀と三焦

今日は今年最後のレッスンでした☆

前回と引き続き、腎臓、膀胱それから、胃についての経絡のポーズを行っていきました。

五臓六腑について…

五臓は肝、心、脾(ひ)、肺、腎(じん)の五つ、
六腑は胆(たん)、小腸、胃、大腸、膀胱(ぼうこう)、三焦(さんしょう)の六つのことです。

ここで、質問「三焦」ってなんですか??

「三焦」というのは、
ホルモンをつくっているところのことで、身体の熱源になっています。


それぞれ、上焦、中焦、下焦に分かれていて、
全部で7つのホルモンがつくられています。

ホルモンはバランスが大切で、分泌されすぎたり、少なすぎたりすると、
症状が出ます。

ホルモンのバランスは、
なんと眉毛で診断できます。
これは、もともとの眉毛を診断すると、人相学的になるので、
ヨガでは、いつもより薄くなったり、濃くなったり、まばらになったりした場合の、
見分け方です。

〇眉を、3つに分けて見分けます。
●眉の付け根辺り……脳下垂体ホルモン⇒各ホルモンの活動を調整するホルモン
●眉の真ん中……副腎ホルモン⇒骨、髄、皮膚をつくるホルモン
●眉尻……甲状腺ホルモン⇒身体の新陳代謝、活力のホルモン

です。

今日は突発性感音難聴についてのこともお話させていただきましたが、

ホルモンもこういった、原因不明とされる、症状も、
ストレスが大きな原因です。
ストレスと一言で片づけられないのですが…・
(ある程度のストレスは身体や物事の活性剤ですから)
要するに、

呼吸が深くできない。⇒血行が悪くなる。
内臓の調子が悪くなることにより、身体が歪む。
バランスが崩れる。

となってくるような過剰なストレスのことです。

何故こんなストレスを、溜めなければいけないことになったのですかね?
忍耐。自由。我慢。などなど、全てのことに、大きく2つの局面があることに気がつきます。

どれだけのことを受け入れることができるでしょうか?
物事を受け入れるということは、
自分を受け入れるということです。
ということは、自分は世界だということです。
自分は狭いと思っていませんか??

それから、人間が考えたルールが本当に正しいでしょうか??

でもそれでも、
全てのことを、大きな視点から見れば、「愛」だと、
信じることができたらいいなと思います☆

でもそこはできると言ってしまえ!!(笑)

c0180209_23283224.jpg

今日は、黒ゴマプリンをお出ししました。
それからお紅茶と、みかんです(^v^)

冬は陰陽五行説では、「黒」の食べ物を摂るといい時期です。
黒ゴマ、黒豆、レーズン、プルーン、ブルーベリー、黒砂糖
ミネラル豊富なものばかりですね。
そして、昆布と、ひじきは、「腎」の薬食です。塩と海草で身体を整えましょう!
食材などについては、また、改めて詳しくご紹介できたらなと思います。
c0180209_23283340.jpg

レモン入り。

それから、今日は今年最後のレッスンだったので、
私から、みなさんへ、本をプレゼントしました。
これは知る人ぞ知る本で、店頭に出版はされていないかもしれません(*^_^*)

本の中の表紙には、
私の大切な人〇〇さんへ
幸せ配達人〇〇より
と書き込めるようになっているから、
お一人お一人に書いて、プレゼントさせていただきました☆

今日も皆さんに元気をいただきました☆
ありがとうございました(*^_^*)!!!
[PR]

by mihodontan | 2011-12-20 23:28 | ヨガ | Comments(0)