左右バランス、「浴」

左右バランスが崩れることで、腰、首の痛みが出ている方が
多くいらっしゃるようです。
ので、身体をひねる、ポーズ、自力整体を取り入れてレッスンを行いました。

左右のバランスが崩れる原因は色々あります。
足の使い方、片噛みなどの癖、かみ合わせ、ストレスなど。

ヨガのレッスンでは、
色々なバリエーションのひねりで、
身体を右、左、もう一度、ひねりにくかったほう、を動かして、
バランスをとっていきました。

今日頑張ったことは、「ワニのポーズ」
私もヨガを始めた時、この「ワニのポーズ」がただ辛いだけで、苦手だったのですが、
このポーズの効果が体感できると、
「ワニのポーズ」が大好きになります。
そのくらいに、きついけれども、効果の大きいポーズです。

ヨガの健康の4大条件
「食・息・浴・動」の今日は「浴」について

「浴」は沐浴のこと。
大きく分けて、
日光浴・風浴・水浴とあります。

日光浴……朝日に20分当たると病気知らずと言われています。

風浴……風にあたる。酸素、オゾン、プラナ(気)を浴びる。
    肌には経穴が365あります。そこから、上記のプラナなど、
    吸収しています。

水浴……温冷浴をする。
    湯1分、冷水1分を交互7回、最後に冷水でしめる。というのが、
    正しいやり方だそうですが、あんまり家では大変なので、
    お風呂で、しっかり温まった後、冷水で肌をしめて、入浴を終わると、
    毛穴がしっかりしまって、温かさが体外に逃げません。
    冬場は寒いので、全身を水にさらさなくても、腕と足だけでも、大分違います。
    肌がつるつるになるし、皮膚が刺激されて、強くなるので、
    おすすめです。

ということで、「浴」とは、しっかりと皮膚呼吸すること、毛穴を動かすことです。
毛穴は閉じたり、開いたりして、体温調節をしていますが、
エアコンの中にばかりいると、毛穴の動きが弱まります。
沐浴することで、毛穴がしっかり働くようにします。

c0180209_011753.jpg

先日に引き続き、バナナケーキと、インド風チャイです。
昨日よりも、スパイシーにしてみました。
チャイはとてもおいしくて、くせになりそうです(^◇^)

今日もみなさん、ありがとうございました☆
[PR]
by mihodontan | 2011-10-26 00:01 | ヨガ | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧