仙骨、背中。

今日は、雪でした。
雪の降る中、自転車に乗り、
雪の降る中移動しました。

手袋についた雪が、体温で、溶けて、
手袋が、濡れて、とっても冷たくなります。
これは、大変!
雪山で、遭難すると、分厚い断熱スーツの中に、水がたまって大変だそうです。
そんなことを、思い出していました。
雪に慣れていないから、手袋がこんな風になることにも、初めて気がつきました。


そんな雪にも負けず、参加して下さる、皆様、
ありがとうございます☆

今日は、背中についてやりました。

背中って、あんまり、スポーツや、運動しない方や、運動しているけど、
詳しく、メンテナンスとかしないという方は、
意識が薄いような気がします。

背中って、とっても重要なんです。
舞台で、歌を歌ったりすると、1ステージで背中がカチカチになるくらい、
背中を使っています。
とっても大切です。
背中に意識するものは、
肩甲骨。
背骨。
仙骨。
督脈。

他にも細かくは色々あるのですが、
今回はこれに注目しました。

督脈というのは、また、少し、経絡に詳しい人でも、
知らないような経絡なんですが、
とっても重要です。
鼻の下の人中から、鼻、頭の真ん中、背骨を通って、尾骨まで繋がっていて、
自律神経、背骨、6臓を支配しています。

神経の束である、背骨。
全て監督しているという意味で、督脈です。
だから、背骨は、ストレスや、内臓の調子で、すぐゆがんでしまったりします。

それから仙骨。これもとっても重要な、骨で、
この骨がないと人間は死んでしまうんです。
とても、複雑な骨で、仙骨が動くことで、身体のバランスを整える機能が
備わっているんですが、
現代人は、仙骨を動かすことが少なくなって、
仙骨にロックがかかっている方もいらっしゃいます。

背骨、仙骨のケアって、どうやったらいいの?

ってことになるんですが、とくに仙骨は、
なかなか、動かすことがないです。
ヨガのポーズの中には、
効率よく、この仙骨、背骨を動かすものがあります。
また、同じ動きでも、意識を向けることで、より効果的になります。

仙骨を動かす、効果最大のエクササイズは、ウォーキングです。

昔の人が、ヘルニアにならなかったのは、
よく歩いていたからです。

歩くことによって、足腰が鍛えられて、仙骨が動くことによって、
バランスを整えていたんですね。
ジョギングや、サイクリングと、「ウォーキング」が大きく違う点は、
この仙骨の動きです。

今日は寒かったので、末端、足先のケアを、丁寧にやりました。
数分なんですが、ケアした足先と、していない足先の温度は全然違います。
難しいことはしていませんが、
この少しずつの積み重ねが、健康への、確実な一歩一歩なんです!
c0180209_19312693.jpg

今日は、おいしいクッキーと、ピーチネトルのハーブティーでした。

窓の外には、ずっと雪が降っていて、
レッスンが始まって、終わるまでに、お向かいのお店の屋根に、
雪がうっすらと積もって行きました。
こんな風に、レッスンするのは初めてだなぁ~(●^o^●)


ウルトラマンは、弱点が体の外にでていて、危険という話になりました。
督脈が、飛び出ていて、
心臓(タイマー)も飛び出ている。
きっと、ストレスが溜まったら、頭の先のとんがったところが、曲がるに
違いないとか、そんな話になりました。


今日は、背骨と、背中と、仙骨のケアでした。
ありがとうございました☆
[PR]

by mihodontan | 2011-02-14 19:31 | ヨガ | Comments(0)