ヨガレッスン

今日は、ヨガのレッスンのお仕事でした。

コンセプトは、ひざ痛対策!
結構いらっしゃる、ひざの故障でお悩みの方。

どうしようもない、痛みの場合、モルヒネを使うように、
ヒアルロン酸を直接、ひざに注射したりする処置もあるのですが、
原因を、改善する方法として、
足の内転筋のエクササイズ。
それから、身体のバランスを整えるというレッスンをしました。

ひざ痛には、いろんな原因があるのですが、
その中でも、O脚は、かなりの割合を締めるようです。
足の内側の筋肉が弱って、体重が足の外側にかかり、
足が、外の湾曲したようになって、
膝の内側の軟骨が、減るのです。

膝が痛いと、自然と、膝をつかわないようにしますよね?
でも、つかわないと、周りの筋肉が、弱るし、
血流が悪くなって、悪循環なんです。

なので、膝に、負担をかけない、
膝を支えるエクササイズをとりいれました。
足の内側を引き締めると、体重が、まっすぐ下に落ちて、
外側の負担が軽減。
結果、足が痩せる方も、多いと思います。

c0180209_2365752.jpg

今日は、ケーキが!
私は、

チーズケーキを選びました!
とってもおいしかったです!

肌を鍛えることについても、お話しました。

あんまり肌を鍛える、という意識が、今、ないような気がします。
例えば、寒風摩擦とか、
私が幼稚園の頃は、幼稚園で、やっていました。

何故、どうやって、肌を鍛えるのか?

肌には、毛細血管が沢山張り巡らされています。
そこに、グローマスと言って、
毛細血管と、毛細血管を、結ぶ、血液の通り道があるんです。
これは、使わないと、減ってしまいます。
昨今、ずっと、冷暖房の中ですごしたり、
沐浴(日光浴、風浴、水浴)の習慣もないので、
日に当たらないようにしますし、
お風呂で、水で身体をしめるなんてことは、
知識がないとしません。

というところから、肌が弱っているんです。
ある程度の刺激が、肌には必要なんです。

肌が弱るということは、グローマスがなくなって、
内出血しやすくなります。
あかぎれもその一つです。

寒い、暖かいを実感することは、肌の毛穴を、鍛えます。
暖かいときは、毛穴は開きます。
寒いときは、閉まります。
この毛穴の動きも、重要なんです。
冷え症だからと、あたためてばかりだと、毛穴は開きっぱなしで、
熱が放出して、冷え症の悪循環になったりするのです。

だから、お風呂では、腕だけ、足だけでもいいので、水でしめて、
毛穴を鍛えます。

と、今日はこんなことをお伝えしました。
[PR]

by mihodontan | 2011-02-08 23:39 | ヨガ | Comments(0)