ヨガのレッスンでした。

ヨガのレッスンでした。
ここちょっとだけ、更新できていませんでした。
稽古に、打ち合わせに、お仕事にと、バタバタ。
稽古がかきょうに入って、終わる時間が遅くなってきました。


その間に、稽古も少し進み。
お芝居も少し進み。
本番に向かっています(●^o^●)


さてさて、レッスンは、
肝臓、胆のうについてです。

肝臓、胆のうは、食べたものや、お酒、喫煙などをして、
体に入ったものを、解毒、
身体が、吸収できる物質にかえて、吸収、代謝などしている器官です。
今日本人は、とっても、肝臓、胆のうに
負担をかけている状態です。

負担をかける原因は、
一つは油です。
悪い油をとらないようにすること!
これが、意外と盲点になっている場合があります。
飲酒、喫煙は、わかりやすく、悪いのですが、
今、食材の中に、悪い油が入っているということを、
しらない方が多いのです。

ということで、油の種類なんですが、
油といっても、
摂取した後に、
善玉コレステロールと、
悪玉コレステロールになるものがあるんです。

植物油って、良さそう!という盲目のイメージがありますが、
動物性でも、植物性でも、いいものはいいし、悪いものは悪い。

良いもの(善玉コレステロール)は、
オリーブオイル(植物性)
べにばな油(植物性)
スクアランオイル(動物性)

悪いもの(悪玉コレステロール)は、
種類が沢山あるのですが、
ここにあげるものは、
摂らない方がいいものです。

トランス型脂肪酸という、
ショートニング
マーガリン

外国では、病気の原因になるものなので、使用禁止になっている国もあるくらいです。
日本の場合は、これを使用禁止にすると、大きな会社に、
経済的打撃があるために、そのまま使用されています。
お菓子や、パンはほとんど、使われていますので、
日本では、摂取しない方が、難しい条件になってしまっています。

飽和脂肪酸である、
パーム油
アイスクリームやお菓子によく使用されています。

レトルト食品の、酸化した油。
油は、とても、酸化しやすいものなので、新鮮なものを選びたいですね。

飽和脂肪酸というのは、
バターや、牛、豚のお肉の脂にも、含まれていますが、
これら食材に入っている場合は、他の栄養素もあるので、
摂りすぎに注意すべきものと考えた方がいい油です。

かなり省略して書きましたが、
もっと詳しく知りたい場合は、
ネットでも調べると、沢山でてきますよ。


ニコチン、アルコール、悪玉コレステロールで、疲れた、
肝臓と胆のうは、毒素を、解毒できなくなってきます。
その残ったものが、どこへ行くかというと、
血管に流れ出します。

なので、血が濃くなります。
痛風のその一つ。
血管の内壁を傷つけたり、
血管の中に、塊ができて、
動脈硬化、動脈瘤、高血圧の原因になって行きます。


なので、
油に注意!
食物繊維をとって、中性脂肪を流す!
運動不足の解消!

それから、今回のヨガレッスンでは、肝臓と、胆のうの経絡を刺激する
ポーズ、マッサージ、つぼ押しを行っていきました。

毎日まだまだ、寒いです。
インフルエンザが猛威をふるっていますね。
c0180209_22475838.jpg

くっきー!
c0180209_22475822.jpg

京都の金平糖もとてもおいしかったです!
c0180209_22475868.jpg

保木本佳子ちゃんが差し入れてくれた、
お菓子!

レッスン終わりは、身体の中心から、ポーワンとなって、そのまま、
眠れそうな雰囲気でした(笑)


今度も、また、コンセプトを考えて、レッスン構成します!
ありがとうございます☆
[PR]
by mihodontan | 2011-01-25 22:47 | ヨガ | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧