稽古しました。

いろんなことがあったとしても、
でも、負けたくないから、できる限りやるしかないです。

どんなことがあっても、それを、楽しいと思うことができれば、
人生の天才になれますね。
天才バカボンは、本当に天才だと思います。
顔全体の表情や、とくに、眼の表情に、
その人の人となりが、現れますが、
あの黒目の、虚無は、やっぱり、本物の天才。
いくら落ち込んだとしても、
次の日には、完全に忘れて、
生きています。

そしてあの黒目の虚無は、魚の虚無に匹敵します。

魚には痛点がないそうです。
苦しみの一つは、痛みです。
じゃあ、何があっても、平気なんだなあ。
サメに食べられても、
あれぇ、なんか、真っ暗なところに来たよ。
あれぇ、なんか、あっ体がちぎれてまーす。
意識が薄らいできました。
さよなら。私は今から死ぬようでーす。
みなさん、どうもありがとうございました。
って感じかなぁ。

でも、水から吊りあげられて、息が苦しいのは、痛点とは別かなぁ。
どうなんだろう。
魚は楽だと思ったけど、ちがうかもしれないです。

そこに山があるから。といって、登って、
そこで、命を落としたとしても、
満足なのかもしれないし。
人間は不思議です。


人とコミュニケーションをとると、自分という人間が、
しっかりと、存在するから、
やはり、人と会ったり、人と関わったりすることが、
一番人間らしいです。

でも、私は、それ以外の時に、いろんなメッセージなんかを、
受け取ったりして、また自分の中心が、ぶれてしまうというか、
急に泣いてしまったりするのです。
今は、少し、扉が開きすぎているようです。

今日は、おばあちゃんが、応援していました。
おばあちゃんは、私のことをとても大切にしてくれました。
今でも、おばあちゃんが大好きです。
「美穂ちゃん、頑張らにゃんたい。
 できることしか、こんばってんが。」

おばあちゃんは、おばあちゃんだったけど、
スクーターに乗ったり、とっても行動的なおばあちゃんでした。
それから、おばあちゃんは、パンチパーマみたいな、髪型で、
猫が大好きでした。
私が書いた猫の絵を、家の壁にずっと張っていてくれました。
私の手を、両手でギュッと、握りしめるから、
小さい私は、とても恥ずかしかったです。
おばあちゃんは、九州にいて、
私は、兵庫だから、時々しか会えなくて、
いつも、空港で、泣いてしまってさみしかったです。
泣くと、みんなが、わはは、泣かんでいいのに。と、笑うから、
それも恥ずかしくって、いつも泣くのをやめようと、思うけど、
無理で、結局いつも、泣いてしまいました。
おばあちゃんは、癌で死んでしまって、
おじいちゃんも、病気で死んでしまって、
小さい時は、神様にお願いをしたら、
おじいちゃんの病気も治ると、本当に思っていたから、
御仏壇にすごいお願いしたりしていたけど、
やっぱり治らなくって、
悲しかったです。
でも、それも自分で決めておじいちゃんも、おばあちゃんも、
生まれてきたのかなぁ。
私はもっと、長生きしてほしかったです。
もっと、いろいろ話したり、一緒にいたかったなぁ。

でも、私を応援してくれているということは、
とっても、いいところにいて、楽しいのかもしれないですね。
せめて、心配をかけないように、
しっかり、頑張ります。

できないと思っていることが、沢山あって、
でも、できることしかこないんだったら、
頑張ったら、きっとできるんですね。
おばあちゃんのいるところからは、なんでもよく見えるのだろうな。
死んだら、会いたい人は、おばあちゃんと、おじいちゃん。
それから秋浜先生と、村中先生。
それから、猫のムッタ。


地下鉄で、突然、メッセージです。
こんなときの帽子は、深くかぶると、顔が隠れるから、とても便利だ。

今日は、monica♪さんの生演奏で、お稽古を進めていきました。
音楽っていいな。
いろんなことがわかります。
とくにエンディングのシーンの稽古は、とても楽しかったです。
とりあえず、音楽に乗せて、自由になんかしてみるエチュードをしました。
みんな物を投げたり、
変な振りつけを考えたり、
ごろごろしたり、ジャンプしたりして、笑いました。

休憩時間です。
c0180209_23483581.jpg

今日もお菓子パーティーみたいになりました。
c0180209_2348353.jpg

monica♪のお二人です。

それから、初めのシーンから、細かくやっていきました。
今は難しいことも、頭の整理がついてきて、
改善できて、また、面白いことになります。
何人もの人が出入りする、虚無の自分。
油断せず、ちょっとずつ、前進。
[PR]
Commented by ビーン at 2010-05-21 01:12 x
気持ちは伝わりました。
おばあちゃんの所は目がうるうるでした。
舞台、楽しみにしています☆☆
Commented by mihodontan at 2010-05-21 22:44
いつも本当にありがとうございます!!!
おばあちゃん、元気だと思います。
舞台頑張ります!!!

舞台袖で、手を合わせて、思い出すんです。
おばあちゃんと、秋浜先生のことを。
それから、本番が始まるんです。
先生は、私たちのことを、心配していらっしゃって、
よく、客席に気配を感じていましたが、
先生も、ご自分の魂の勉強をしていらっしゃるし、
みなさんお忙しいのですね~。
最近、私の中で、薄らいできていたのですが、
それでも、応援し続けてくれている、
おばあちゃんが、分かって、とてもありがたかったです◎
私とおばあちゃんは、永遠なんです。
そして、舞台は、生きている人たちの、
モノだけでは、ないですからね~!
実に色々な人が、見に来てくださいます。うふふ。
ビーンさん、ありがとうございます!
私にできる限り頑張ります。
Commented by at 2010-05-22 10:41 x
おばあ様は、とっても素敵な方ですね!!
おばあ様も、美穂さんも、愛でいっぱい。
いいなぁ、あったかいなぁ(*^―^*)
Commented by mihodontan at 2010-05-22 23:17
翔さん!!!
私小さい頃は、いつもいつも、おばあちゃんに
おんぶしてもらっていました。
おばあちゃんはとても、優しい人だったんです。
猫も、すごいおばあちゃんになついていて、
猫だって、人をみるんですね。

おばあちゃんは、私がおばあちゃんのことを、
思い出すと、とても喜んでくれて、にこにこしています。
だから、私もうれしいです。
Commented by Yuka at 2010-05-23 00:40 x
魚には痛点がないのかぁ…
初めて知った!
でもフグはシメる時『きゅー』って泣くし伊勢エビも頭おとす時『ギギーッ』って泣く(´・ω・`;)

泣くって表現は間違ってるかもしれないけど全ての生けるものに心はあるはず…

だから粗末にせず最後まで感謝するのは人間の役目やと思う。
糧になってくれて有難うと。
うちの亡くなった祖母は物を落とすと『これを欲しがってる人(仏様)がいたんやね~』と言いながら片付けて水をこぼすと『ここを拭き掃除しなさいって教えてくれてるんやね~』って言いながら拭き掃除してた(笑)
物は考えよう…よく思うも悪く思うも自分次第って教えてくれたのも祖母でした(*^・ェ・)
Commented by mihodontan at 2010-05-23 23:09
私、魚自分の手で、さばいたことないんです。
すごい、うそつきな綺麗好きなんです。
エビも、ふぐも、死にたくないのかもしれないですね。
みんな、泣くんだなぁ・・・!

そうですね。
四足の動物のお肉は、苦しみの味がするはずですね。
そうやって、私はお肉を食べているんですね。
豚も牛も、死にたくないよーって泣きながら、
お肉になります。
飽食は罪深いですね。

Yukaさんのおばあさま、とてもすごい人ですね。
人生の達人です!!!
沢山の経験が、ずっしりした、言葉を生むのですね。
そうかぁ!
物事はとらえようですね。
どうしても、なんか、自分から抜け出せなくなって、
悪い方に考えてしまう癖があります。。。

とても、ためになるコメントありがとうございます!!!
Yukaさんには、やっぱり、とても癒されます!
by mihodontan | 2010-05-20 23:48 | 舞台 | Comments(6)

猿渡美穂の日々


by mihodontan